スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Photo 52



r134.jpg


Title is “ Seaside Story ”



七里ヶ浜に撮影に向かっていた僕が、江ノ電の「鎌倉高校前」駅に通りがかった時。

ひとつの恋が終わろうとしているカップルとすれ違った。

明らかに悲しみにくれた、恋人達だった。



この海の砂浜に、悲しい涙が一粒吸い込まれていく。



僕はそのカップルとすれ違った時、振り返ったりはしなかった。

ただ、ふと顔を横に向けたら、いつもと変わらぬ海が見えた。




友は僕にこう言った。



「この海はすべてを受け止めてくれるのよ。」



うん。僕もそう思う。



キラキラと煌めきながら、この海は優しくすべてを受け止めてくれる。





そんなことを再認識しながら撮った写真は、







優しくも、悲しい色味で写っていた。







スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://junchar.blog.fc2.com/tb.php/59-14d0838a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。