FC2ブログ

Photo 364



141027a.jpg


Title is “ ある日の午後 ”



僕を包み込む潮風がしっとりと湿り気を出す。

眼に映る情景に青味がかかり出し、

もうすぐ雨が落ちてくることを僕に知らせてくる。



こんな時の潮風は青味がかった独特の匂いがする。

少年時代にかいだことのある、どことなく寂しい青い匂い。

うまく言葉に言い表せない、独特の寂しい匂い。




砂浜に腰かけてた僕は

そっと立ち上がり

デニムの砂もはたかずにこの場を立ち去る。




こんな時はいつまでもここに居ても

ますます寂しくなるだけだからね。









スポンサーサイト



コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

トラックバック

http://junchar.blog.fc2.com/tb.php/378-fa4d1907