スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Photo 234



130201b.jpg


Title is “ for you, for me. ”



くじけないで



ねぇ 不幸だなんて

溜息をつかないで



陽射しやそよ風は

えこひいきしない



夢は

平等に見られるのよ



私 辛いことが

あったけれど

生きていてよかった



あなたもくじけずに






先日、他界された柴田トヨさん。

この詩に感銘を受けたひとりとして、

今回の海写真ブログに引用させて頂きました。


トヨさん、ありがとう。

くじけないよ。



心より、合掌。。。





130201a.jpg






★いつも応援クリックを頂き、本当にありがとうございます!★


ブログランキングに参加中です。「拍手!」と思えましたら、下にある各バナーを両方ともポチッ!っとクリックして頂けると嬉しいです。^^


ここをポチッ!とクリック。 ^^


にほんブログ村 写真ブログ 海・水写真へ
にほんブログ村



ここもポチッ!とクリック。 ^^





 
あなた様の応援クリックが当ブログに「一票」として反映されます^^
よろしくお願いします!!




スポンサーサイト

コメント投稿

  • URL
  • コメント
  • パスワード
  •  管理者にだけ表示

朝の海の雲 

近藤さんの風景は、壮大な広がりと綺麗な色彩で、心が現われます。

 


>兒玉さん。

ありがとうございます!!

卑下するわけではございませんが、単に皆さんが使わないようなレンズで撮っているだけの話しです。^^

色々と工夫しているのですが、頭の中でイメージした色彩と現実の写真のギャップで悶々としています。(苦笑)




大理石のごとく 

近藤さん、この二つの絵もそうですし、前の受賞作品もそうですが、海が鏡のような大理石のように光り輝く効果を意図して演出した作品で、近藤さんが海に入って撮る意味がよく解かります。
近藤さんの心を惹きつけて離さない美があるのですね。
前に書いたのを忘れていましたが、再度、書いてしまいました。

 


兒玉さん。

すっかりご返信出来ずにいて、本当に申し訳ございません。(>_<)

生意気かも知れませんが、僕が感じる海の「美」は暗中模索の中、何とか手にした演出だと思います。

今の僕の美的感覚や機材の都合を考えると、この手法が一番自分の心に響く撮り方かなと思います。

ただ、思いっきり波打ち際まで寄りますので、セット波(周期的に訪れる大きな波)が来るたびにヒヤっとします!!

機材を守るので精一杯で、びっしょり濡れることなんてしょっちゅうです。(苦笑)


トラックバック

http://junchar.blog.fc2.com/tb.php/244-9d62f49a
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。