FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Photo 154



california.jpg



Title is “ Chris Rea - On the beach.”




見つめあって君の名を呼んだ 

二人過ごしたあの壁の向こうで

夏の風が吹くとあのメロディーが流れてくる

思い出のあの場所へ連れて行ってほしい 

あの海辺へと・・・




Chris Rea On the beach. On YouTube



この曲を初めて聴いたのが中学の時。

歌詞の意味などサッパリ分からなかったけど、

ものすごく哀愁感というか、「大人」な曲に感じてた。

この曲は僕にとって今でもマストソングのひとつ。

もう20数年のお付き合い。(笑)

クリスのこの声、卑怯だろって。(苦笑)








★いつも応援クリックを頂き、本当にありがとうございます!★


ブログランキングに参加中です。「拍手!」と思えましたら、下にある各バナーを両方ともポチッ!っとクリックして頂けると嬉しいです。^^


ここをポチッ!とクリック。 ^^


にほんブログ村 写真ブログ 海・水写真へ
にほんブログ村



ここもポチッ!とクリック。 ^^





 
あなた様の応援クリックが当ブログに「一票」として反映されます^^
よろしくお願いします!!









Photo 153



inamura.jpg



Title is “ 稲村サンセット。 ”



遠くに僕が住む江ノ島が見えて、その先にポカンと富士山も見える。

桑田の兄貴なら、「江ノ島が遠くにボンヤリ寝てる」と歌うのだろう。



この日はいつも撮影をする七里ヶ浜をパスして、ここ稲村ケ崎まで来た。

道すがら、iPod のイヤホンから流れてきたのは Donald Fagen の I.G.Y. だった。

潮風に背中を押してもらいながら、僕も一緒になって口ずさむ。

桑田の兄貴よ、ゴメン。「希望の轍」でも口ずさめば良かったかな。

だって、「稲村ケ崎」に向かうんだもの。



稲村からの景色もお気に入りのスポット。

夏の暑さに負けじと、夕空は真っ赤に焼ける。

後ろの公園からは蝉の鳴き声。



潮風を胸いっぱい吸い込み、そして一気に吐き出す。

その瞬間、波音と蝉の鳴き声があいまって、

僕の中の「夏」が更に加速度を増していった。



今年の「夏」も

暑いな。




帰り道も、Donald Fagen の I.G.Y. を iPod にリクエストした。


Donald Fagen I.G.Y. on YouTube.






★いつも応援クリックをして頂き、本当にありがとうございます!★


ブログランキングに参加中です。「拍手!」と思えましたら、下にある各バナーを両方ともポチッ!っとクリックして頂けると嬉しいです。^^


ここをポチッ!とクリック。 ^^


にほんブログ村 写真ブログ 海・水写真へ
にほんブログ村



ここもポチッ!とクリック。 ^^





 
あなた様の応援クリックが当ブログに「一票」として反映されます^^
よろしくお願いします!!





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。