スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Photo 39



dakarete.jpg


Title is “ 海に抱かれて ”


そっと、目を閉じてみよう。

すべてを無にして、心も身体もあるがままに委ねてみよう。

大きな大きな愛情に包まれていくことに気が付くはず。

海に抱かれた時、ひとは自身の原点に戻るような、安らかな安堵を得る。




Save the Ocean.

Love the Ocean.


いつまでも、いつまでも。。。




スポンサーサイト

Photo 38



toriyama.jpg


Title is “ Dive!! ”


ご存知の方は多いのですが、自分は写真愛好家というよりも、釣り師としての顔の方が実はめっちゃ長いんです(笑い)

先日、湘南のある浜辺で、こんな光景に出会いました!

ショアラインから数メートル先の場所で、カモメが海中の魚めがけて、ダイブを繰り返していました。

接岸した魚は恐らく鰯の類と思われますが、ルアーマンとしての自分の血が騒ぎまくってしまいました!!

というのは、僕が追い求めているスズキ等の大型魚が、餌を求めてこの周辺にいる可能性が大だからなのです。

秋というルアーフィッシングにおいてベストシーズンになった今、こんな光景を見て血が騒がない訳がない!!

カメラを置いて、釣竿を取りに帰りそうなった瞬間でした!



いつもとはちょっと違う、箸休め的な更新でした。(笑)



Photo 37



autumn.jpg


Title is “ The sea of autumn ”


めっきりと肌寒くなったこの時期、お気に入りのマフラーを巻いて海辺へと向かう。

ファインダー越しに見つめた夏の海は、もう跡形もない。

波待ちのサーファーも、水平線を眺めながら何を想っているのだろう。

遠い水平線の彼方に、あの日の夏を懐かしむ。。。。




Photo 36



horizon.jpg


Title is “ Sunset Horizon ”


僕はもっと、この海のことを知りたいんだ。

僕はもっと、この海と仲良しになりたいんだ。

この海辺の街で生を受け、この海辺の街で生きてきた。



僕はこの海のことをどれだけ知っているんだろう。

僕はこの海とどれだけ仲良しになれたのだろう。



エスキモーが雪を表現する言葉は500以上あると言う。

ハワイアンが波や海を表現する言葉はやはり500以上あると言う。

それに比べたら、僕が知っていることなんて本当にちっぽけなこと。



もっと、知りたい。

もっと、仲良しになりたい。




Photo 35



family.jpg


Title is “ We love you. ”


“ 愛してる ”って本当に素敵な言葉だと思う。。。

沢山の気持ちを込めて、そっと伝える言葉に人はどれだけの安心感を得られることか。



今日、片瀬海岸で素敵なご家族に出会えました。

パパとママからの沢山の愛情に包まれた女の子が、秋の海辺で楽しそうに遊んでいました。

そんな素敵な光景を、後ろからコッソリと「カシャッ!」(笑)



秋の湘南の海には、素敵な愛情に包まれた時間が流れていました。



Photo 34



funny days


Title is “ さよなら。また来るね。 ”


楽しい一日はあっという間に終わりを迎える。

楽しければ楽しかったほど、時が経つのは早いもの。

なごり惜しそうに海を見つめる女の子。

そんな彼女の手を、優しい眼差しで拭くお母さん。



「また、いつでもおいで。」



そう言わんばかりに、この海は精一杯の煌めきで彼女に別れを告げていた。



僕からも、



「また、いつでもおいで。」



と、そんな気持ちで丁寧にシャッターを切りました。







Photo 33



slow.jpg


Title is “ Slow life. ”


あなたの人生において

僕の人生において

たまには「頑張り」のギヤをちょっとシフトダウンして周りを眺めてみよう。



潮風を身体全身で受け止め、スーッと深呼吸。

時がゆっくりと流れていくのを感じたら

そのゆっくりと流れていく「時」に身を委ねてごらん。



走りすぎた人生に一息いれて、歩くこともおぼえよう。

不器用な人生だけれど、不器用なりに歩いてみよう。



いろんなことが見えてくる。



太陽は相変わらず眩しいよ。

海は相変わらず大きいよ。



なにもかもが、相変わらずだよ。



走ることも、背伸びも今は忘れて、あの頃のような相変わらずなあなたが見たい。

あの頃のような、相変わらずな僕でいたい。


「時」は・・・


実は相変わらず、ゆっくりと流れているんだよ。




Photo 32



pray.jpg


Title is “ 想い ”


あなたに穏やかな時間が流れますように

あなたの心に癒しがありますように

あなたの毎日が笑顔であふれますように

優しい夜でありますように




今の僕はそんな想いでいっぱいです。




Photo 31



syounen.jpg


Title is “ いつかの少年 ”


海辺で出会った少年が、夢中になってサクラ貝の貝殻を拾って遊んでいた。

まるで時が止まったかのように夢中になって遊んでいた。




ファインダーを覗いていた僕は、まるで少年時代の自分を見ているような錯覚になった。

祖父に買ってもらったお気に入りの帽子をかぶって、時間が経つのも忘れて遊びふけった。




夕方のいつもの浜辺で

少年時代からずっと過ごしてきたこの浜辺で




僕はあの日の自分に出会っていたのかもしれない。

そう、いつかの少年に。




Photo 30



WAKE.jpg


Title is “ at the Sunset ”


何も考えず、ただボーッと海を眺めて

この海に遊びに来た人たちをボーッと眺めて

日常の喧騒から離れて、ただただボーッとする時間。

なんてことない時間だけど、そんな時間の過ごし方がたまらなく愛おしい。



Photo 29



morn.jpg


Title is “ 朝焼けの空に・・・ ”


まるで祈るような思いで朝日を迎えた。

今日一日がいい日でありますようにと。




Photo 28



miti.jpg


Title is “ R134 帰宅 ”


時刻はまだ18:00前。

ほんの数か月前ならまだあんなに明るかったのに

もうこんなに陽が落ちている。

仕事で疲れた身体を引きずって

家に帰ろう。


いつも通る道

R134 の道の途中で。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。