スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Photo 399



150620a.jpg


Title is  “ 神々の島 バリ  Part 7 ”


7回に渡ってお送りした、バリの写真記事。

今回でいよいよ最終回となりました。

僕個人の旅行記みたいな写真記事を毎回ご覧下さり、本当にありがとうございました。

心から御礼申し上げます。

m(_ _)m



さて!

最終回の今回は。

クタ・ビーチからのサンセットの情景をお送りしたいと思います。^^



いつも湘南でサンセットには特に力を入れて撮影している僕にとって、

バリ島での撮影トリップ最大の楽しみは、何と言ってもバリ島の独特なサンセットを撮影すること。



しかし。

前回の記事でも書きましたが、バリ島滞在中は全日ともサンセットは大ハズレ!!!



日頃の行い????

バリの神々に嫌われた????



違う意味で溜息ばかりが零れてしまう、ガッカリなサンセットでした。。。



バリ島滞在最終日。

空港に戻るギリギリの時間まで、クタ・ビーチにてサンセットを撮ろうと決意。

こうなれば執念です。www




陽が落ちたクタ・ビーチは、冒頭に載せた感じのサンセットです。

ここでもう一度、貼り付けますね。











150620a.jpg












こんな感じです。

何となく期待が持てそうな雰囲気に・・・・

いやいや、毎回、こっからなぜか大ハズレモードに突入したバリの空。

これぽっちも安心出来ません。(>_<)




段々と祈る思いになってきます。

バリの神様方っ!

どうかお願いだから、綺麗なサンセットを見せてちょうだいな!

次はもういつ来られるのか分からないのだから!

(ToT)














150620b.jpg












そんな、どこか自分勝手な感じも否めない祈りをバリの神々が聞いて下さるのか。

湘南だって、何日も何日も通い詰めて、ようやく見られる綺麗なサンセット。

いくらバリ島とは言え、そんな簡単に綺麗なサンセットが見られるほど甘くはありません。




と、言いながら・・・

バリ島の神々が慌ててサンセットの準備をしてくれたのか、上空には期待感満載の雲がっ!!





お願いします!!!

お願いします!!!

お願いしますーーーーっ!!!!



もう空港に向かわなければならないんです!!!



このまま、ドラマティックなサンセットにして下されぇぇぇぇ!!!

(ToT)
















  ったく。。。

  仕方ねーなー



  ほらよ。











バリの神々は僕の願いを叶えてくれたのです!!!!

それが、これっ!!!!








































150620c.jpg











150620d.jpg











150620e.jpg












焼けたっ!!!

綺麗な赤に焼けてくれたっ!!!








ありがとう、バリの神様方っ!!!

本当にありがとう!!!!

最終日のギリギリの土壇場な中で、

バリの神々は僕の願いをきいてくれたのです!!!









綺麗だなぁ~

バリの赤い夕焼けも綺麗だなぁ~

湘南の夕焼けも綺麗だけど、

こんな最終日にやっと見れただけあって、その美しさは格別です。





ありがとう!!!

ありがとう!!!

ホントにありがとう!!!




トゥリマカシーーーーーーーーーーーッ!!!!











自然が織りなす情景は、人間の思い、願いだけではどうにもなりません。

ガイドブックには必ずと言っていいほど掲載される、バリ島の美しいサンセット。

きっと湘南に比べて、大気や諸々の条件がよくてそのチャンスは多いのかも知れません。

でも僕は一度もこれぞバリっ!なサンセットを滞在中は見られませんでしたし、

湘南での経験から半ば諦めていたのも事実。




でも、ホントに土壇場ギリギリのタイミングでこんな情景が見れたことは本当に嬉しく、

感動すらしちゃいました。。。











  よう、オッサン。

  これでええか?

  ま、いつ来れるか分からないなんて言わずによ、

  しっかり頑張って、また来いよ。









ハイ!神様方っ!

是非ぜひ、またお邪魔しに参ります!!!











今回の旅で、多くの刺激をバリ島から頂きました。

そして、沢山の友人も出来ました。

今回の旅を最高のものにしてくれた、現地ガイドのマデさん・ワヤンさん。

そんなガイドを僕に紹介してくれた、湘南のサーファー、三浦さん。

現地で楽しい時間を過ごさせて頂いた、湘南のみなさん。

本当に本当に、ありがとうございました!!

「 袖振れあうも 多生の縁 」

という言葉を帰りのフライトの飛行機でしみじみと感じました。

このバリ島で出会った方々。

偶然的な、たまたま的な感じで出会ったように感じますが。

実は遠い昔、僕らが生まれてくる前からどこかで

ご縁を結んでいたのかなと思えるような沢山のエピソードがありました。

それが、今回のバリ島旅行で再会したのかなって。



バリ島に限らず、僕が生きている間、どこにいようとも、ちょっとの出会いですら、

遠い昔からご縁を結んでいたように感じます。




「 袖振れあうも 多生の縁 」




それを強く実感した、バリ島の旅行でした。





時計の針は、シンデレラよろしく、帰りの時刻を示してます。

後ろ髪をひかれる思いで、クタ・ビーチを後にしました。





何度言っても言いつくせぬ言葉、ありがとう。




本当に最高の旅でした。




ありがとう、バリ島。

ありがとう、バリの神々様。




また来ますね。


心から、



terima kasih




ありがとう
















バリ島旅行記、最後までご覧下さり、本当にありがとうございました。

次回から、いつもの湘南での海写真ブログへと戻ります。

ご覧頂いた皆様にも心から御礼を。



terima kasih

トゥリマカシー



ありがとう。






2015年 6月20日  片瀬海岸の自宅にて     近藤純一











150620f.jpg




















★ お知らせ その 1

Instagram のアカウントがございます。ブログに未掲載の写真や、撮影時のオフショットを公開しています。

お気軽にフォローして下さい。^^

アカウント名 “ kondoh_junichi ” です。 よろしくお願いします。 m(_ _)m

こちらからどうぞ。



★ お知らせ その 2

そして、当海写真ブログの Facebook ページもございます。

ページ名もブログタイトルのまま、 “ This life with this Ocean. ” です。

こちらでもブログ未掲載写真や個展やイベント告知等々、内容充実でお送りしています。

是非、ページに 「 いいね! 」 でご参加下さい。^^

Instagram 共々、どうぞよろしくお願い申し上げます。 m(_ _)m

こちらからどうぞ。












スポンサーサイト

Photo 398



150619a.jpg



Title is  “ 神々の島 バリ  Part 6 ”




今夜もバリ島の写真で記事を更新します。

6回目となる今日は、ウブドから一転して Serangan beach (スランガンビーチ)へとやって来ました。

ここはサーフィンのメジャーポイントとして有名な場所です。^^

クタ・ビーチの反対側みたいな場所でしょうか。

このビーチには頻繁に訪れるサーファーさんの為に、日本でいう海の家が10軒(だったかな?)ほど建ち並んでいます。











150619b.jpg











150619c.jpg











150619d.jpg











海の家と言っても、日本のそれとは趣きがだいぶ違いますね。

とは言っても軽食あり、簡易的なシャワー(手桶で水を浴びる)、ビーチベッド等々の用意をみると、

日本の海の家と似たようなものです。

ただし。

相当しつこい物売りオバーチャンも常備されています。www

きっぱりと 「 いらねーつってんべ!! 」 と可哀そうだけど、

このぐらいの勢いで断らないと引き下がりません。(^^;











150619f.jpg












僕がバリに到着する前日が波の大きさがピークだったらしく、

日を追う毎にサイズが落ちている状況。

とは言え、この日のセットで “ 頭・半 ( 7 ft ) ” は余裕であります。(^^;











150619e.jpg












オージーのサーファーガール。

すっごい小柄な可愛い子なのに、この日最大のオバケセットのダブルを

普通に乗りこなしているのにはただただビックリ。

すげーーーーーーっ!

かっけーーーーーっ!











150619g.jpg











150619h.jpg











150619i.jpg











150619j.jpg











150619k.jpg











湘南もサーフィンが盛んな土地で、サーファーさんを被写体によく撮影します。

ここを初めて訪れた僕にとって、スランガンビーチは湘南とは違う雰囲気、

そして新鮮さが加味されて、何を撮っても楽しいのです。

ちょっとしたところも雰囲気よく撮れるのです。^^











150619l.jpg












バリに来て凄く感じたことは、太陽の日差しがとても強いということ。

湘南で感じる日差しのジリジリ感がかわいく感じます。

赤道の近くですから、当然です。^^











ホテルに帰ってシャワーを浴びると、タンクトップから露出した肌がヒリヒリとしました。

これでも日本で日焼けしてる方なのですが。(^^;











今回のバリ島での写真記事をアップしていて、

第2回目の記事もサーフィンポイントの写真を掲載しました。 ※ここをクリックすると、その記事が見れます。

その場所はとてもバリ島の雰囲気を醸し出しているポイントでしたが、

ここスランガンはそれとは別の、むしろあまりバリ島の雰囲気をあまり感じない場所です。

でも、ここはここでとても気持ちのいいビーチでした。

物売りオバーチャンには手を焼きますが、各国から訪れるサーファーさんや、

ローカルサーファーさんと日蔭で会話を楽しみながら、まったりと時間を流してきました。



スランガンを訪れたことのないサーファーさん。

ここ、お勧めですよ!

現地ガイドと一緒に、安全なサーフィンをお楽しみ下さい。

(^ ^ )v











次回はいよいよ最終回!

最終日、空港に向かうギリギリの時間までクタビーチでサンセット撮影を敢行しました!

バリ滞在中、サンセットはすべて大ハズレの撮影トリップ。

日頃の行いか????

それともバリの神々のイタズラか????

綺麗なバリ島のサンセットが見たい!これも今回の旅の重要な目的。

なのに、すべて大ハズレ!!!!



空港に行くギリギリの時間まで粘ったその結末は・・・・

バリの神々よ、頼むっ!!!

イジワルすんなってば!!!!

お願いしますぅぅぅぅぅ (>_<)



波打ち際でカメラを構えて、悲痛なオッサンの叫びがバリの海に響きました。。。




















★当海写真ブログの facebook ページはこちらからどうぞ。
















information !

facebook に当ブログの facebook ページが完成しました。^^

その名も、This life with this Ocean.

そのまんまです。(苦笑)

海写真撮影の裏話や、ブログ未掲載の写真等、内容充実です。(の、はず!)

facebook にご登録している方は、ぜひ「いいね!」をクリックしてご参加下さいね。^^



このタイトルをクリック! This life with this Ocean.



どうぞよろしくお願い致します!!






Photo 397



150618a.jpg


Title is  “ 神々の島 バリ  Part 5 ”



さぁ、今夜もバリで撮影してきた写真で記事を更新ですよ!

だんだんマンネリ化してきた空気感が満載ですが、お構いなしで突き進みます!

(笑)



海の写真を載せたり、山の写真を載せたりと統一感があまりありませんが、

今回はここ、山間の町、ウブドでございます!



ウブドも観光地としての一面が強い場所ですが、基本的に農村地帯でとても長閑な雰囲気の場所。



今日も現地ガイドとふたりきりで車に乗ってウブドの街を観光です。



とは言いながら。



天邪鬼な僕は、ガイドブックにガンガン載ってるような場所にはあまり興味がありません。

誤解の無いようにお伝えしますが、写真を撮るという観点から言うと興味があまり湧かないのです。(^^;

もちろん、ガイドブックに載るテッパンな場所も行きました。

これはこれで、本当に素晴らしいところ。ガイドブックに載るだけのことはあります。



しかし。

バリを侮るなかれ。

ちょっとした道の脇っちょに、僕の写欲スイッチがカツンと入る場所が沢山あるのです!



しかし。

そこは道路の脇っちょ。

ちょっとでも余所見をしていると、あっという間に見落として通り過ぎてしまうのです。



日本語がペラペラの現地ガイドと、ここでは到底書けないような下らないバカ話に花を咲かせながらも、

写欲レーダーはビンビンにサーチをしているのであります。

右脳と左脳を同時に使いこなす感じ。




現地ガイド 「 コンドーサン、ソレデサァー、ツギハドコイキタイ? 」

僕 「そうだなぁー。もっとこう、ドローカルなとこない???って、ちょっと待ったぁぁぁぁ!!!!ストーーーーーーップ!!!! 」

現地ガイド 「ナ、ナ、ナニ???? キュウニ????? 」

僕 「 ここ最高っ!!ここでちょっくら撮ってくっから、ここで待ってて!!! 」

現地ガイド 「 ヘ? ココ? 」



と、他の通行車などお構いなしモードでガイドに車を止めてもらい、レンズ数本の入ったカバンとカメラを持って車を降りる僕。

道路の脇っちょに、観光客は到底見ることもないであろう小さなお寺がありました。










150618b.jpg










150618c.jpg










150618e.jpg










そうそう、こんな感じ、こんな感じっ!!!

地の人間だけが訪れるような、こんなローカルな場所が僕にとってツボなのです!!










150618d.jpg











この神様は四方向に向かって祀られてます。

この土地の信仰の教義は分かりませんが、きっと東西南北に向かってるのかなぁ。

もし、東西南北に向かって祀るならば、その意味は何なんだろう。

みたいなことを考えながら撮影しているのが無性に楽しいのです。

知的好奇心が恐ろしく擽られます。^^








僕 「 いやぁー、ここも最高だなっ!!! 」

現地ガイド 「 エーエー。ソリャヨゴザンシタネ。 」



ルンルン気分で撮影したデータをカメラのモニターで確認する僕。

ご満悦モード突入です。



しかしながら、車内には微妙な空気感が垂れ込めます。

そう、現地ガイドの心の声が聞こえてきそうなのです。



ったくよぉ・・・

急にストップとか言ってくんなよなぁ・・・

いきなりストップとか言われたって、そんな簡単に止まれないの分からんのか、このオッサン?

ようやく止めても、あ!行き過ぎたっ!とかって言うしよ・・・




的な空気感が車内に充満するのです。



そして写欲レーダーが反応する僕。


僕 「 ちょっと待ったーーーー!!!! ストーーーーーップ!!!! 」

現地ガイド 「 アノサ、コンドーサン。クルマハキュウニハトマレナイノ。ワカル?オーケー? 」

僕 「 うん、分かってるつもり。でもさ、見てみ?ここ。最高だべ????? 」

現地ガイド 「 ハイハイ。モウイイヤ。ナントカガンバルカラ、ナルベクハヤクニイッテネ。。。 」

僕 「 あいよ!! んぢゃあ、ちょっくらゴメンっ!! 」



ってこんな風にブログで改めて書いて思い返すと、すっごい迷惑なヤツですね。

ゴメンよ、ワヤン。(>_<)










150618z.jpg










あー、やっぱりこういう何気ない場所が最高に綺麗で撮影してて楽しいです。^^





現地ガイドも、これも仕事の内・・・ みたいな空気感にさせてしまい、本当に反省。

おかげで凄く満足なバリでの撮影トリップです。

本当に今回の旅でガイドをしてくれた、マデさん・ワヤンさんに、心からのお詫びと御礼をお伝えしたいです。

マデさん、ありがとう!!!

ワヤンさん、ありがとう!!!

本当にゴメンね。。。










150618f.jpg











さっすがにもうストーーーーーーーップ!!!!が言えなくなり、

車内の窓越しから撮ったウブドの夕暮れ。

色んな意味で疲れた気怠い車内に、ウブドの夕陽が射しこんでましたとさ。

(苦笑)












次回はスランガンビーチでの記事を予定してます!

まだ続くのか!

ええ、続きますとも。

www











★当海写真ブログの facebook ページはこちらからどうぞ。
















information !

facebook に当ブログの facebook ページが完成しました。^^

その名も、This life with this Ocean.

そのまんまです。(苦笑)

海写真撮影の裏話や、ブログ未掲載の写真等、内容充実です。(の、はず!)

facebook にご登録している方は、ぜひ「いいね!」をクリックしてご参加下さいね。^^



このタイトルをクリック! This life with this Ocean.



どうぞよろしくお願い致します!!






Photo 396



150617a.jpg



Title is  “ 神々の島 バリ  Part 4 ”



今回で4回目となったバリの写真記事。

前回は海から離れて山奥の棚田へと向かった僕。

潮風で火照った身体を、涼しい山の風に当たってクールダウンしてきたのですが。。。

やはり僕は海のそばが本当に好きなので、山から一気に海辺へと舞い戻ってきました。

あー言ってみたり、こー言ってみたり。www











150617b.jpg












ここはデンパサール空港にほど近い、とある漁村の浜辺。

片瀬や腰越なんかで見られる漁船と違い、

これぞ東南アジアな漁船(って言うのかな?)が沖合いに停泊してます。

すっごい独特なスタイルです。











150617c.jpg











日本では一般的に船には “ ナンチャラ丸 ” という船名を付けるのですが、

どうやらここバリではその様な風習は無さそうです。(当たり前です。)

昔ながらの船の形に、東南アジア臭がプンプンです。www

潮の流れと潮風を読み、漁場へと勇んで行くんだろうなぁ・・・






ん?







あれは・・・








なんだよ、船外機を付けてんぢゃん!(^^;





こういったところは現代的なんすね、オタクらも。www





てっきり、船頭(っていうのか?)がご先祖の知恵と自身の経験から、

風を掴み、潮の流れに上手く合わせ、これまたご先祖から受け継いだポイントへと船を向かわせるのかと思いきや。

船外機で一気にピューーーーーーッと行っちゃうのね。(^^;

頭の中で勝手にヘミングウェイの「老人と海」を思い描いちゃったぢゃん。(舞台は違うけど。)

大物のカジキマグロとの死闘を繰り広げ、

疲れ果てた主人公がボートの上で眠ってしまう、「老人と海」の有名なラストシーン。

“ その時、老人は  ライオンの夢を見ていた・・・ ”

こんなシーンを思い浮かべてたのに。

オタクらは現代文明の力でピューーーーーー!なのね。w











150617e.jpg












ほらね、船外機。

しかも二発。

ま、いっか。w

そっちの方が楽チンだもんね。w

(この写真の場所は、今まで掲載した写真とは別場所の船です。)










150617f.jpg












ま、便利な物は上手く取り入れて、少しでも良い漁をして下さい。

あ、この写真はアクティビティが充実した、とあるリゾートビーチ。

ランチで立ち寄った際、綺麗な浜辺だったので撮影しました。^^











150617d.jpg












さて、場所は今までのデンパサール空港のそばの漁村に戻ります。

木陰に入ると潮風がスーッと駆け抜け、とても心地いい。

キンキンに冷えたコーラを飲みながら涼むにはうってつけの場所。

真っ黒に日焼けした漁師のジー様が、漁で使う網を鼻歌交じりで修復してます。

日本で言う演歌かな。だとしたら、サブちゃんみたいな人の歌なんだろうな。

ところでバリ島のサブちゃんってどんな人なんだろう。

どんな内容の鼻歌なのかな。

そんなことをボンヤリと考えながらコーラを飲む僕。

ジー様と目が合った時。

鼻歌交じりでニンマリと僕に微笑むジー様。

笑い皺が深くて、すっごい素朴な微笑み。

普通に観光地だけを旅してたら、きっと見れなかったこんなジー様の微笑み。

“ ちわっす! ” みたいな感じで僕も微笑みながら会釈を。

ジー様はニヤッとしながら作業を続けます。




僕なりの “ バリ島 ” を、ここでも見つけた。

こんな旅を僕はしたかったんだ。



よう、ジー様! 漁に出ん時は、くれぐれも気ぃつけてな!



インドネシア語など話せないから、そんなことを胸の中で祈り、

ちょっぴり現代文明を取り入れた漁村を後にしました。














次回はまたまた海から離れて、山間の町、ウブドへと向かいます。

なんか、 “ 世界の車窓から ” みたいになってきた。

(笑)











★当海写真ブログの facebook ページはこちらからどうぞ。
















information !

facebook に当ブログの facebook ページが完成しました。^^

その名も、This life with this Ocean.

そのまんまです。(苦笑)

海写真撮影の裏話や、ブログ未掲載の写真等、内容充実です。(の、はず!)

facebook にご登録している方は、ぜひ「いいね!」をクリックしてご参加下さいね。^^



このタイトルをクリック! This life with this Ocean.



どうぞよろしくお願い致します!!






Photo 395



150615a.jpg



Title is  “ 神々の島 バリ  Part 3 ”



これで三回目となった、バリ島での記事。

今回は海から離れて、山奥のとある棚田へ行ってきた時の模様です。



棚田というとバリではウブドのそれが有名らしいのですが、

僕を案内してくれたガイドさん曰く、ウブドの棚田は意外と小さいらしくて、ここの方が眺めが良いとのこと。

写真という表現手段では、どうしても広さをお伝えすることに限界があります。

あ、それは写力不足ということにもなりますね。(^^;

実際に車に乗ってここに連れてきてもらった時、

眼の前に広がる棚田の光景に、しばし見惚れてしまいました。











150615b.jpg












これで少しはその広さが伝わったでしょうか。(苦笑)











150615c.jpg












こんな些細な木ですら何だかバリ!な感じがしてテンションの上がる僕。www











150615d.jpg











150615e.jpg












この場所に限らず、信仰心の高いバリ島では、至る所に神様を祀ってます。

きっと、農業に関する神様なのでしょうね。

ガイドにこの神様の名前を聞いても、独特の言葉ですぐ忘れてしまいます。

神様、ゴメンっ!!











150615f.jpg












信仰心の高いバリ島の人々は、このように常にお供えをして神々に祈りを捧げます。

これは田畑に限らず、街の至る所で見受けられます。

ビーチやちょっとした場所でも。











150615h.jpg












雑貨屋さんかなぁ。

寂びれた感じと言ったらこれまた失礼かな。

長閑な田園風景にポツンと佇む一件のお店。

観光スポットで、これぞテッパンなロケーションも良いのですが、

観光客の目にふれることもないバリの人々のローカルな場所、

リアルなバリの光景が僕にはとても心に刺さります。











150615g.jpg











バリでは年間で2~3回ほど田植えをし、収穫するそうです。

クタ・ビーチのような “ リゾートアイランド・バリ ” も間違いなくバリですが、

元々は農民が大半の、農耕民族の島としてのバリを目の当たりにして、

この島の本来の素朴な一面を見れたことがこの旅の最大の収穫でした。








繁華街を離れれば離れるほど見ることが出来る、素朴な人々の、ゆっくりとした時間が流れる神々の島、バリ。





バリの原風景を、島の神々と優しい微笑みのバリの人々が僕をここに連れてきてくれました。





車に乗り込み、ここを離れる車窓から見たバリの原風景。




ポロッとこんな言葉が出てきます。






Terima kasih.





ありがとうってね。














次回はまた別の海写真で記事をアップします。^^














★当海写真ブログの facebook ページはこちらからどうぞ。
















information !

facebook に当ブログの facebook ページが完成しました。^^

その名も、This life with this Ocean.

そのまんまです。(苦笑)

海写真撮影の裏話や、ブログ未掲載の写真等、内容充実です。(の、はず!)

facebook にご登録している方は、ぜひ「いいね!」をクリックしてご参加下さいね。^^



このタイトルをクリック! This life with this Ocean.



どうぞよろしくお願い致します!!






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。